北摂にて

日々の暮らしの中に楽しみを見つけながら・・・

いつのまにかガンバサポになっていたの巻

f:id:shono1997:20160303200226j:plain

私は、ガンバ大阪のややゆるめのサポーターです。
いわゆるライト層に近い・・・? まあ、まちがいなくコアではありません。
定位置はゴール裏ではありませんし、基本ホームの試合しか行きません。
大阪(対C大阪ですね・笑)、京都、神戸ぐらいなら行きますけれども・・・。

にもかかわらず「サポーター」と言っていいかどうかは別にして・・・

ガンバ大阪が好きだとハッキリ認識したことがありました。
香川真司選手がマンチェスター・ユナイティッドに所属していたときのことです。
長居競技場でセレッソマンUの親善試合がありました。
私はルーニーが見たくてアウェイ席(つまりマンU側)を予約したのですが、
なぜか周りはピンク(C大阪)のユニを着た若い女の子だらけ。
(そのころから「セレ女」という言葉がささやかれ始めました)

ちょっとお高めの席だったのに、ひどいわ・・・
おまけにルーニーは怪我で来ないわ、サー・ファーガソンは監督を辞めてしまうわ・・


かなりガッカリして帰路についたのですが、地下鉄が難波に着いたとき・・・
なんと「ガンバ~、ガンバです」と車掌さんが・・・
耳を疑いました。
驚いて辺りを見回してしまいました。
もちろん空耳でした(笑
そんなこたぁないですね。
「ナンバ~、ナンバ」だったようです。

でも、可笑しいというよりは信じがたく・・・
「ねぇ、本当にいまガンバって言いませんでした?」と、
誰かに聞きたかったほどです(笑


と同時に、どうやら今日一日で「ガンバ不足」になったようだと・・・
そして、いつのまにか、私は本物のガンバ大阪のサポーターになっていたようだと・・・。

 

~続く~