読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北摂にて

日々の暮らしの中に楽しみを見つけながら・・・

手編みのルームシューズ

手芸

未完成だけど、寒いのですでに履いている^^; 今日は大寒なのに、春みたいに暖かかった。でも、夕方から足元が冷える。
編物の本の製図を載せるわけにはいかないので文字だけで説明すると^^; 奇数、作り目(50cm)をして中央で二段ごとに二目ずつ減らしていく(地はガータ編み)。減らし方は「中上3目一度」と同じかな・・・ただ、本では一目すべり目をして次の二目を「左上2目一度」で編んで、右針にすべり目させた目をかぶせてある。で、最後の一目になるまで編み、足の裏の部分と、かかとを7cmの高さまで綴じ針でとじたら本体は完成(あとはフリンジなどを自由につける))。
写真でいうと、三角形の底辺の部分が足の裏になる。これは、織物用の糸(玄関マットを作ったときの残り糸)を使ったので丈夫で暖かい。太い糸なので、所要時間はテレビを見ながら編んで、他の用事もして、一日。「ドミノ編み」という編み方らしい。(次は、せめて極太程度でもっと可愛く編みたい・笑)


↑足首を折り返してなければ、ナニ?この三角の・・・って感じ

↓履くと、ほら、このように・・・