北摂にて

日々の暮らしの中に楽しみを見つけながら・・・

JR島本駅・駅メロ

3月半ばから大阪と京都の境にある島本町大阪府三島郡)に行く機会が増えました。最初は阪急京都線を利用していたのですが、このところJR京都線に乗っています。高槻を過ぎると、山が近くなり、緑豊かで、ここも大阪?と、どこか懐かしい気持ちになります。そこで発見♪ JR島本駅のホームに流れるメロディです。電車待ちをしていると流れてくるので、これは駅メロの中でも「接近メロディー」と言われているそうです。

↓私が録音した駅メロです。よろしければ聞いてみてください♪
JR京都線島本駅接近メロディ

そうなんです。ここはサントリー山崎蒸留所のあるところなのです。新型コロナの関係でいまは工場見学も休止しています。早く収束しますように・・・。

※追記:はてなで聞いてもらうためにはyoutubeにUPしないといけなかったのでファイル変換など少し作業が必要でした・・・。有料はてなだと直接UPできるようですね。そこんとこ、はてなの運営さんにはご一考いただきたいものです。ユーチューバーになる気ないですから・・・

櫂(映画)

昨晩、WOWOWで映画「櫂」を観ました。いえ、正直にいうと途中でイヤになりました。目の見えない女性が主人公だったやつかなと勘違いだったわけですが、録画予約していたので、真行寺君枝が出産した子を正妻の十朱幸代が引き取ったあたりまで観て、残りは飛ばして結末だけ観ました。

原作は宮尾登美子さん。1973年に太宰治賞をこの作品で受賞されていますね。監督は五社英雄さん・・・って有名な人ですね。実家の母が宮尾登美子さんの作品を何冊か読んでいましたっけ。

男女の情念といったところか・・・昔はこういうのあったんだろうなとか漠然と思いましたが、いまや○○女子に批判の声があがったりルーズベルトの像が撤去されたりする時代です。私が、アカン、こんな男は許せないと、すごく単純な感情からギブアップしても怒られないだろうと・・・(誰から?w)

寝る前に「櫂」でネット検索しました。すごく好きな作品と書いている人もいました。そうですか・・・どこがかな。私の祖母は二号さんの子どを引き取って育てた人なのですが、果たして幸せだったかしら・・・。祖父母のことはいつか小説にできればと思いながらぜーんぜん書けていませんが。「櫂」は宮尾登美子さんご自身の生い立ちが題材になっているとか。そこがすごいです。身内のことはなかなか書けないです。太宰治賞・・・なるほど、やっぱり、ですねぇ。

白内障のこと6(術後3ヶ月の現在)

手術から3ヶ月経ったいま、左目だけなのですがドライアイになっています。3月が一番ひどくて、視力が落ちました。ドライアイが原因で小さなキズがたくさんできていたようです。術後ケアはかかりつけの眼科になるので、通院して、何度か目薬を変えてもらって、いまは人工涙ともいえる目薬に変わっています。スマホを見過ぎた日や、仕事でPCを一日見なくてはいけない日は辛いです。なので??PCを見続ける仕事は4月末で辞めました。

ネットで白内障手術の後遺症的なものとしてドライアイがあると書いてあるのを見ました。眼科でそのような説明は受けていませんが、徐々に治るでしょうとのことです。「目をこすっていませんか」「コンタクトレンズは入れていませんか」などと聞かれましたが、どちらもNOです。

私の場合、乱視矯正レンズ(トーリックレンズ)を入れてもらったので、普通のレンズより費用はかかりましたが、右目を新聞が読める距離、左目をテレビの字幕をメガネなしで見れる距離に合わせてもらいました。車を運転するときだけ、メガネをかけます(視力が安定するのに3~6ヶ月かかるそうです)。

余談ですが、トーリックレンズは正確な角度で入れてもらう必要があります。そこは先生の手腕なのかな・・・?? 実は、私は左目だけ修正手術をしてもらいました。微妙にズレてしまったようです。原因はわかりません。転んだり自転車をこいだりもしていません。修正手術というのは、もう一度切開してズレを文字の如く「修正」です。費用は別途かかりました。そして、二度やった左目がドライアイなので関係あるのかな・・・と思ったりしますがわかりません。

「(修正手術は)もういい」という人もいるんですよと、担当してくださった部長先生はおっしゃったけど、逆に、もういいってどんだけ~?いえ、どんな人~??と(切り返してません)問い詰めたかったです。

修正手術ってよくあることなのかなぁ・・・そこは、私の中でややグレーのまま残っているのですが、放っておかれると困るので修正してもらいました。これまでのようなド近眼なら少々のズレは感じないだろうしメガネやコンタクトレンズで矯正できますが、せっかく近距離はメガネがいらなくなったのに、これだと常に乱視矯正が必要になってしまいます。様々なことと?闘ったのに?スッキリしないまま終わるなんて、性格的に無理です。

(ちなみに、先生は一度だけスミマセンと謝っておられたけど、謝るなとしっかり者の看護師さんから注意されたかもという感じの人の良さそうな先生でした)

結果として、予定よりやや多めに手術費用がかかり、ドライアイが完治していませんが、ほぼ満足しています。朝、起きたときにコンタクトレンズを入れたまま寝てしまったか??と焦ったりしているほどです。PCの文字も120%+にしなくてもしっかり見えるようになりました。

~終わり~

※保険に先進医療をオプションでつけていれば多焦点レンズも適用だそうですが、近いうちに、何割か自己負担になるという話を聞きました。もう始まっているかもしれないです。